WPC,(ハイパー)モリブデンショットの一般の方のご依頼、ご相談大歓迎です。小口、中古部品も対応。

neのロゴ

特に強度が必要な箇所への
2段ショット

「ハードショットピーニングをWPC処理の前に打ってくれないか」というリクエストが良くあります。

強度が必要な場合は下地処理として行っている通常業務です。
単純なハードショットピーニングではなく条件に適したメディア素材を下地で打ち付けた後にWPC処理を行う2段ショットを行っています。WPC効果を最大限に発揮するには大切な作業ですので、下地のショットを含めた一連の作業をWPC処理と称してお届けしています。

ミッション
ミッションやデフなどのギア、シャフト部分には下地処理として大きなメディアでショットしています。

ご提供しているWPC処理は、素材、使用箇所環境を考慮して最適な下地処理、本処理条件にて施工しています。
例えば強度が必要なギアやシャフト等の場合は、ショット粒径の大きなメディアを打ち付け、粒径の小さなWPCメディアを打ち付ける二段ショットを行っています。

HEWLAND

SIFT

続けてご覧下さい。