WPC,(ハイパー)モリブデンショットの一般の方のご依頼、ご相談大歓迎です。小口、中古部品も対応。

neのロゴ

サスペンションサービス

dlcプラスwpc

DLC+WPCで究極の摺動と硬度を体験。

DLCは、おなじみのチタンコーティングに比べ圧倒的なパフォーマンスを発揮します。
硬度はチタンコーティングに比べ約2〜4倍の硬さで、摩擦係数(μ)は、チタンコーティングの約1/4です。

また通常のDLCサスに比べ、WPC処理をベース処理したことで、DLCの弱点である密着性の悪さと張り付き(スリッピングロック)を解消しました。

仕上がりは、スパルタンな褐色になるのも人気の秘密です。

  • dlcfork
  • dlcfork

DLC+WPC処理

作業内容 金額(税別) 詳細
インナーチューブ DLC 39,000円/1本 倒立のブラケット付は以下参照ください。
リアサスロッド DLC 15,000/1本 ロッド単体状態でご依頼ください。
フォークトップボルト DLC 3,800円/1個 トップも褐色にしたい方に。
ご利用金額は~お気軽にお問合せください
倒立ブラケット付きのインナーチューブについて
DLCは成膜時にインナーチューブを単体にする必要があります。ブラケット付きインナーチューブのご依頼をご希望の方は特約代理店をご紹介させていただきますので以下までご相談ください。
ご利用金額は当社プライスリストに準じます。特約代理店は、サスペンションのオーバーホールは勿論、エンジンパーツのWPCモリブデンショットも承ります。
業販も承りますのでお気軽にお問い合わせください。
※点錆が有る場合は成膜が出来ない場合があります。
※ 納期はこちらをご覧ください。

wpc

WPC処理

  • ディンプルによるエアホールで、飛躍的に摺動性が向上します。特に初動が優れています。
  • ディンプルによるエアホールで、シール性が向上し、オイル漏れを防ぎます。
  • 表面硬度UPにより、飛石によるダメージを防ぎます。
  • メッキ光沢が若干マットになるだけですので、オリジナルの外観を損ないません。
  • サビの起点になるピンホールを埋める効果があります。
  • ディンプルによる効果

低コストならWPC処理

作業内容 金額(税別) 詳細
インナーチューブ WPC 7,000円/1本
インナーチューブ WPC 7,500円/1本 倒立ブラケット、正立カラーなどマスキングが必要な場合
リアサスロッド WPC 2,600円/1本 ロッド単体状態でご依頼ください。
※メッキ層内部まで錆びている場合は処理出来ない場合があります。
※再メッキのクレジット決済は手数料5%が別途かかります。
※ 納期はこちらをご覧ください。

再メッキ、ガンコート

点錆など状態の悪いサスは再メッキ後、処理する事をお勧めします。

再メッキ(曲がり修正含む)

再メッキ 金額(税別) 詳細
インナーチューブ 再メッキ 17,800円/1本 700mm越は2,000円UP
インナーチューブ 再メッキ+WPC処理 24,000円/1本 お得なセット価格
Rサスロッド 再メッキ 10,000円/1本
Rサスロッド 再メッキ+WPC処理 12,400円/1本 お得なセット価格
※インナーチューブ単体で700mm越は2,000円UPとなります。
※ステム付近に段付き、またテーパーのあるタイプは、別工程が必要となり、追加料金が発生します。
   ブラスト仕上げ後再メッキは、2,500円/1本アップ。
   研削仕上げ後再メッキは5,000円/1本アップとなります。
   正立タイプのボトム側に横穴が空いていないは切削加工が必要となり、3,500円/1本アップとなります。
※再メッキのクレジット決済は手数料5%が別途かかります。
※ 納期はこちらをご覧ください。

ペイント ガンコート

塗装 金額(税別) 詳細
倒立ブラケット塗装(ガンコート) 6,000円/1本
正立アウターチューブ塗装(ガンコート) 9,000円/1本
剥離洗浄費用 塗装料金の10% 剥離、洗浄が必要な場合適用します。
下地ブラスト費用 塗装料金の10%

※サテンブラック(黒)、フラットブラック(つや消し黒)、ブラッククローム(ガンメタ)、チタニウム、シルバーの5色のみとなります。
※ 納期はこちらをご覧ください。

その他サスパーツへの処理

サスペンション内部パーツも合わせて施工すると、より効果が得られます。プライスリストはこちら

その他のパーツへの処理

写真 部品名
アウターチューブ
構造によりますが、内径部への処理により褶動性向上が計れます。
フォークスプリング
へたり防止。
スライドブッシュ、
ガイドブッシュ

モリブデンショットを施し、褶動性向上を狙います。
シートパイプ、
ロックピース

内部パーツもおろそかにせず、褶動性向上を狙います。