WPC,(ハイパー)モリブデンショットの一般の方のご依頼、ご相談大歓迎です。小口、中古部品も対応。

neのロゴ

dlcトップ

DLCとは?

DLCとはDiamond Like Carbon(=ダイヤモンドの様なカーボン)の略で、近年もっとも注目されるカーボン硬質膜コーティングです。

DLCは非常に硬く耐摩耗性に優れ、各種素材の表面改質に大きな効果があります。

特に低摩擦係数と高耐摩耗性及び耐疑着性と低攻撃性は、他の硬質薄膜を圧倒しています。

このうち硬度についてはビッカース硬さ(HV)で見ると(図参照),PVDによるTiN膜(チタンコーティング)に比べ約2〜4倍の硬さです。
摩擦係数(μ)は約0.1であり、チタンコーティング)の約1/4と言う圧倒的に低い摩擦係数と耐凝着性、低攻撃性を示しています。

現在環境問題の観点から、環境性と優れた耐磨耗性、低摩擦を両立できるのは唯一の存在と言われています。

驚異的な硬さと滑り性

WPC処理とは?

DLCの弱点のひとつは、密着性の悪さと言われてきました。これは長所である低摩擦な特性と硬さに関係があります。表面が非常に滑らかな為、基材との密着性が悪く、硬度の高さは基材との硬度差が大きくなるため、同様に密着性を悪化させます。

そこでこの問題を解決する為にDLC専用のWPC処理をプライマーとして活用し、アンカー効果(足付け)で母材にがっちりと密着させる事が出来ました。WPC処理は、通常の下地洗浄工程では困難な基材表面層に生成された異常層を取り除き金属自体を改質させる事で難しいとされるアルミ材質、薄肉部材へのコーティングも可能にしました。

ディンプルによる効果

もうひとつの問題点として、DLC膜の特徴であるフラットな表面層がスリッピングロック(滑るべき状況において被膜に吸着されたかの様に滑らなくなること)現象を発生させてしまう可能性がありますが、ご存知WPC処理のディンプルによってオイル保持、エア溜まりを形成し、スリッピングロックを防止します。

ディンプルによる効果
簡単ですが、デモ画像がございますので、こちらを参照ください。

採用例

自動車、オートバイ関連ではエンジンのバルブ周り、サスペンション関連、クラッチなどの駆動系で採用されています。

身近な使用例では、漆黒や虹色の高級感ある輝きを見込まれて、時計やゴルフクラブ、ハサミなどの装飾や保護に使われています。

施工は株式会社不二WPCにて行います。
(不二WPCは、神奈川県産業技術総合研究所と共同研究によりDLCとWPCの融合技術で最先端の研究を行っています。)