CBR600 シリンダー

ボトム(アッパー)ケースと一体化のCBR600シリンダーを処理しました。 処理金額はスリーブの内径と高さなのでケース一体でも価格は変わりません。 但し、ボーリングが必要な場合は割増金額になりますのでご注意くださいね。

TDR250_アウターチューブ_ガンコート

サスのオーバーホールから戻ってきて、 喜び勇んで梱包を開けると、 思いの外アウターチューブの汚れが目立ってガッカリした事はありませんか? ウレタン塗装でも十分かもしれませんが、 出来れば飛び石、ルーストにも強いガンコートをお勧めします。 今回はTZR250にブラッククロームというカラーを施しています。

ランボルギーニV12 カムシャフト

とにかく長い。 オイルの偏りからか、端のカム山の傷みが多いようですね。

Z400LTD_ピストンセット

Z400LTD_ピストンセットに WPC+ハイパーモリショットを施工しました。 人気の80年代モデルですが、見向きもしなかったアメリカンモデルにも食指が動いてきたようで。 XS650Specialなど当時人気だったモデルだけではなく、 沢山埋もれている不人気モデルも今後、再生されていくかもしれないですね。 放置されていても、粗い乗り方しているものは少ないと思うので、 エンジンの状態は良いものが多い […]

ハコスカL20 _ピストンセット

当時物のピストンセットにWPC+ハイパーモリショットを行いました。 箱の状態はもちろん、ピストンの状態も良く管理が行き届いていました。 ついに出番が来た訳ですが、 彼らが製造された頃には当然WPC処理なんて存在していなかったので、 いきなりショットされて「何してくれるんだ!」となるでしょうけど、 我慢してね。長生き出来ますから。

1 104